広いバルコニーの防水塗装

HOME >  施工実績 >  広いバルコニーの防水塗装

施工前後の画像

施工前・後の様子

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA上塗り後・バルコニー床2

施工にあたって

広いバルコニーをお持ちのT様邸宅。防水加工を含めたバルコニー全体のリフォームを2013年4月頃に承りました。

施工箇所
使用材料 特殊ウレタン変性アクリルエマルション系浸透シーラー サミプラ(スズカファイン)
ウレタン塗膜防水材 スズカボウスイトップコート ライトグレー[主剤/硬化剤](スズカファイン)
低VOC・水性反応硬化形アクリルシリコン樹脂塗料 水性シリコンユニ(スズカファイン)
ウレタン塗膜防水材 ワンツーボウスイ(スズカファイン)
エポキシ変性ポリウレタン樹脂塗料 エポーレ 黒[主剤/硬化剤](スズカファイン)

施工診断

バルコニー床部の劣化と、手すり部の塗装が剥がれています。

 

高圧洗浄

バルコニー隅々まで高圧洗浄機で洗浄していきます。

手すり下塗り

手すり部分などの金属部分はサビが見られたので、剥がしてから防錆効果のある塗料(サミプラ)を塗っていきます。

続いてバルコニー壁の下塗りを施していきます。

手すり中塗り

下塗り同様、手すり部分から中塗りをしていきます。

バルコニー壁の中塗りを施していきます。

バルコニー床修繕

床は防水塗装が剥げている個所があったので補修を行いました。ボウスイトップコートを使用します。

バルコニー床も塗装を行います。

塗装前後の様子です。

塗装後塗装前

上塗り

スズカファインのエボーレで仕上げていきます。

壁は白、床はライトグレーでとなっていますが、白が際立つ明るいバルコニーに生まれ変わりました。